3DCADを有効に活用して製品製造を行い、短納期に対応できる


代表挨拶

地域一番のショールームを目指して


豊長鈑金工業所 代表取締役
豊長 誠治 とよなが せいじ

弊社は長年にわたって日本の基幹産業である自動車産業を支える「ものづくり」に従事して参りました。これまでの産業の大きな転換期の中で、時代やお客様に求められる製品造りにトライし、お客様に満足いただけるように挑戦と変革を繰り返してきました。
 弊社が大切にするのは「製品を買ってもらうだけではなく、製品を通して”社員”と”工場”を買っていただく」という考えです。
 製造するプロセスを大切にし、お客さまにお見せできるように整備された工場、常に適切な対応のできる社員を育成することを第一に考えています。
 「地域一番のショールームになる」という目標を掲げて、お世話になっているお客さまや新しくお取引させていただくお客様に自信を持ってお見せできるような「豊長板金」というショールームを目指し、挑戦し続ける会社でありたいと思います。

経営理念

我が社が創業以来培ってきた人的ネットワーク・技術・設備を効果的に活用し、
従業員と共に企業価値を永続的に高めます。

1. 製品を買ってもらうのではなく、製品を通して“社員”と“工場”を買っていただく。
2. 顧客満足度向上のために常に創意工夫・先取挑戦します。
3. 社会変化に対応した人材の活用に努め、技術力の向上に努めます。
4. 従業員、その家族及び関係する人々が幸せを掴む“場”を提供します。

〜以上によって、地域社会への貢献にも寄与する。